高度15000ftからのスカイダイビングをニュージーランドで初体験!!
DCIM107GOPROG0035481.JPG

DreamTravellerYOKOです。
世界31ヶ国を旅しながら、いろんな夢を叶えています。

いくつになってもチャレンジ精神さえあれば、どんなことでもできます。
子育てしてるママたちが、もっと自分のやりたいことをやれるように、思いっきり背中を押したいな
Let's enjoy travel !!!

ずっとチャレンジしてみたかったスカイダイビング

ニュージーランドのツアーに参加中、スカイダイブができると知って、即申し込みしました。

スカイダイビングは、ツアーには含まれてなかったので、やりたい人だけがオプションで申し込みしました。前日の申し込みでも大丈夫でしたよ。

ツアー参加者21人中9人がチャレンジしてました。

昼間はくもってたので、ギリギリまで飛べるかどうかわからなかったのですが、だんだん晴れてきて、無事スカイダイブにチャレンジしてきました

ほんとうに楽しかったぁ!!!

スカイダイブ=スカイダイビング です

空の上での写真は、一緒に飛んだカメラマンさんが撮影してくれた貴重な写真です。
お値段高くなっても、カメラマンさんに写真や動画を撮ってもらった方が一生の記念に残りますよ!

高度15000ftまでのジェット機の中では

上空15000フィートまでは、かわいいジェット機に乗って行き、飛び降りる時は、こうするんだよ、と教えられ、インストラクターのされるがままに飛び降りました!!

15000フィートは、4572メートル

申込みしたときには、知りませんでしたが、なんと富士山よりも高いんですね

ヘリコプターの中では、窓から眺める夕陽もキレイで、ちょうどいい時間帯だなぁって思いながら過ごしてましたが

インストラクターの人は、わたしの装備がきちんとできているかの最終確認をしたり、ビデオを撮ってくれたり、そして、途中から酸素マスクもつけてくれたりと大忙し!!

いつも、飛行機に乗る時に、なにかあったら酸素マスクをつけてくださいってビデオが流れていますが、あれです。ジェット機なので、酸素マスクが必要なのかな。

しっかりチェックしてくれてるのを感じてたので、すごく安心できました。

スカイダイビングで落下した後は、風圧がすごい

わたしは2番目に飛び降りました

上空まで行ってしまうと、あとはインストラクターにまかせて飛ぶだけなので、怖さとかは、感じなかったです。

地上にいる時に、飛んでいる人たちの写真を見たら、みんな手をふったりポーズしたりしてるから、カンタンにできるのかと思ってたら

風圧がすごくて、親指立てるのがやっとでした。

インストラクターの人が、手をふってくれたりして、私も! と思うのですが、風圧が強すぎて動かせない。。。

今でも、動画を見ると思い出して、笑いがこみあげてきます

 

飛ぶ時は、肩ひもみたいなのをつかんでるんですけど、肩を叩かれたら手を広げる

ってとこまでは教わってました。

だけど、途中で「ゴーグル外して」って言われたのが、わかんなくて、なんども頭ポンポンされて、「ゴーゴー」って何言ってるんだろうと思って、途中でやっとゴーグルのことかと理解できました

 

夕陽が沈んでいくところで、ものすごーく景色がキレイでした

上空は寒いっていうので、モコモコのコートを着たまま、ツナギを着こんでたから、寒さはあまり感じなかったけど、そのかわり耳がイタかった〜

一晩寝たら治ったから、またやりたいな

ニュージーランドに来る前に、息子と「スカイダイビングやりたいねー」と話してたとこだったので、ジャストタイミングで、わたしだけ体験してきました

スカイダイビングする高さは3種類から選べます

最初に、名前や連絡先をコンピューターに打ち込んだら、ビデオを見た後に、どのプランにするかを選びます。

飛べる高さは3種類

12000ft
15000ft
18500ft

どうせなら一番高い18500フィートを選びたかったのだけど、そのプランだと、カメラマンをオプションでつけられないので、その下の15000フィートを選びました。

15000フィートって、富士山よりも高いんですよ。

同じ高さでも、プランは何種類かあります。

スカイダイビングをするだけのプランから、一緒に飛んでくれるインストラクターの人の腕につけてるGoProでの撮影をプラスしたり、別にもう1人カメラマンさんをお願いして撮影してもらうプランだったり・・・
わたしは、ハンディカムとカメラマンとの両方がセットになってるプランを選びました。

一生に一度飛ぶかどうかのものだから、同じツアーの人たちは、みんなこのプランを選んでました。

そこで撮ってもらった動画が、こちら

 

編集して短くしたのが、こちら(2分半)です▼
空から飛び降りるところを、はやく見たい方は、こちらをご覧ください!!

 

飛ぶ前のインタビューも撮ってくれましたが、英語で答えてるのでカットしました。

音楽も、離陸するとき、飛ぶとき、着陸するとき用に、3パターン選べます。

音楽も自分で選べるし、オリジナルの動画をつくってくれるので、お願いしてよかったです。

今でも、ときどき見ては、ひとりで笑ってます。

気になるスカイダイブの値段は?

わたしが飛んだプランは下記が含まれていて 659NZ$
日本円で5万円弱です

  • 15000ft からのスカイダイブ
  • 60秒のフリー落下
  • パーソナルインタビュー(フライト前と、あとに動画を撮ってくれます)
  • ハンディカムビデオと写真撮影
  • カメラマンによる動画と写真撮影
  • 記念Tシャツ

私たちは、ツアーバスで連れて行ってもらいましたが、予約するとリムジンでお迎えに来てもらえるみたいです。

スカイダイブ タウポ

わたしが体験したお店は、タウポにあるSkydive Taupoです。
Skydive Taupo
日本語サイトは、こちら

1465 Anzac Memorial Dr
Wharewaka Taupo 3378 New Zealand

 

そのあと行ったPaihiaでも、スカイダイビングのパンフレットが置かれてたので、ニュージーランドのあちこちで体験できるみたいです。

人生一度は、スカイダイビングにチャレンジしてみてください。
ほんとうに楽しいです!!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事