ロサンゼルスからのファーストクラス体験 スターアライアンスラウンジが素敵

ニューオリンズからの帰りも、ロスでトランジットして帰国しました。
もちろん、ロスからはファーストクラスだったので、ロサンゼルスにあるスターアライアンスのファーストクラスラウンジをレポートします!!

ニューオリンズの空港まではレンタカーで

ニューオリンズの空港までは、同じ時間に空港に行くという、アメリカ人のお友達がレンタカーを借りてきて一緒に乗せていってくれました。

ロビーで待ち合わせをして、車をよんでくると行ったきり、なかなか戻ってこないから、ウーバーの方が早いのにって思いながら待ってたら、レンタカーを借りてきてました(笑)

空港に行くのに、わざわざレンタカーを借りるって感覚がなかったので、おどろきました。

1人旅だったので、海外のお友達と一緒じゃなければ体験できなかったです。

レンタカーを返却したところから、チェックインカウンターまではカートに乗せてもらいました。

なにやら交渉してくれて、チップを渡すと乗せてくれるようです。

ニューオリンズのデルタスカイラウンジ

ニューオリンズにもデルタのスカイラウンジがあります。

到着した日は、着いてから、どんなところだろう?と入ったので、最終飛行機が飛び立ったあとまでいることになり、スタッフの方から、「飛行機の時間大丈夫?」って声かけられました。

帰りも時間は少しだけでしたが、しっかり寄ってきました。

パーカウンターは小さめです。

食べ物は軽食程度ですが、ちょっと食べる分には十分です。

ニューオリンズらしく、ビーズがいっぱい飾ってあります。

到着した日は、本当に、どんどん人がいなくなっていったので、写真撮るのは楽でしたが、私が出て行ったら、お仕事も終わるのかなぁと思うと長居はできなかったです(笑)

スーツケースは、ターンテーブルから降ろされて、さびしく待ってました。

 

ニューオリンズからロスを経由して東京へ

ニューオリンズからの帰りもデルタに乗って、ロスでトランジット。

帰りもロス(LAX)のトランジットが、約10時間ありました。

当日便の乗り換えではないため、一旦ロスでスーツケースを受け取ることになってました。

スーツケースを受け取ったあと、スムーズにチェックインできるのか、ふと頭をよぎりました。

 

フライトのチェックイン時間は、たいてい3時間前からです。

以前、ロサンゼルスで深夜のトランジットで、早朝までチェックインできなかった記憶がよみがえりました。

そのときは、人気のないがら~んとしたロスの空港で、スーツケースを持ったまま寝ることもできず、朝まで、すごくドキドキしながら過ごしました。

 

こういった ふと気になったことは、すぐに解決しなくては。

そこで、ロスに着いたあと、デルタのスタッフさんに確認しました。

 

フライト時刻まで、10時間あるので、もしも、3時間前からしかチェックインできないようなら、スカイクラブで時間調整してた方がいいなぁって思ったんです。

 

英語で話しかけたのに、日本語で返事をされました(笑)

そして、気になることを質問したところ

「24時間前ならチェックインできる」って言われて…

そうなのか と思って、スーツケースを受け取りにエアサイドから出国しました。

ところが !!!

何度も、念押しして「大丈夫だ」って言うので、出国したのに、ANAのカウンターが見つからないので、チェックインカウンターの近くにいるスタッフさんに聞いたら、やっぱり3時間前からしかチェックインできなかったんです。

大きなスーツケース持って、どこか観光するわけにもいかないし、そもそもロスの空港は、荷物を預かってくれるところがない。

カウンター近くで、教えてくれたおじさんは、

時間になるまで、お茶飲んだりして過ごしたら〜

って明るく答えてくれたけど

デルタのスタッフさんが、OKって言ったから出てきたのに、こんなに荷物持って、ずっとここにいるの?

って、思いっきりガッカリ感を出したら

ANAのオフィス知ってるよ

「えっ!」

一気に顔が明るくなったね。連れて行ってあげるよ

と言って、ANAのオフィスの中のスタッフさんを呼び出してくれました。

 

ANAのスタッフさんは、ラッキーなことに日本人だったので、

出国前にデルタの人に確認したことや、スーツケース持ってどこにも行けないこと、そしてファーストクラスなんだよ~!

とアピールしつつ、スーツケースがなくなっても文句言わないという条件で事務所に預かってもらいました。

 

というわけで、ワガママを通して、無事セキュリティ検査を通過して、エアサイドへ行くことができました。

なんとかなるって信じていれば、なんとかなるものですね。

誰でも、こまった人を助けてあげたいって気持ちをもってるので、クレームつけるよりも、解決方法を一緒にさがしてもらった方がいいですよね。

 

通常は、トランジットでも、エアサイドの中でスーツケースを預けなおして、ウェブチェックインができていれば、3時間前じゃなくても出国手続きできるそうです。

※ロスでのANAの話なので、お出かけの際には、一度確認してくださいね。

エアサイドに行ったら、やっぱり目指すはラウンジ!

めでたくチェックインできたので、エアサイドに入ったら、すぐにラウンジに行きました。
買物には、まるで興味なしです(笑)

スターアライアンス ファーストクラスラウンジ

スターアライアンスファーストクラスラウンジに入ってすぐに、嬉しそうに写真を撮っていたら、スタッフさんが写真を撮ってくれました。

わりとこじんまりしたラウンジですが、落ち着いていて、雰囲気がよかったです。

 

お食事用のテーブル席には白いテーブルカバーがかけてあって、まるでレストランのようです。

もちろん誰かが使うたびに、テーブルカバーも新しいのに交換されてました。

最初はデザートをパクパクしながら、いつものようにパソコンを。

時間は、たっぷりあるので、お腹がすいてきたら、テーブル席に座って、メニューの中からハンバーガーとデザートをオーダー

たいていは、3時間前にチェックインするわけなので、そんなに長い間ラウンジで過ごすことはないですよね。

なので、ラウンジに入ったときには、数人いたお客様もいなくなって、ファーストラウンジをひとり占めできる時間もあったので、ちゃっかり動画も撮りましたよ。

ファーストラウンジの奥の扉から、ビジネスラウンジへ行けるので、時間があるなら、そちらもどうぞ、と案内してくれました。

1人で自撮りして楽しんでました♪

スターアライアンス ビジネスクラスラウンジ

ワインがずらーっと並んでるところは圧巻です。

ファーストラウンジよりも食べ物のメニューが多いです。

ファーストクラスのお客様は、どちらも行き来できるので、食べたいものがあれば、ビジネスラウンジから持っていけばOKみたいです。

もっともファーストクラスラウンジでは、メニュー表をみて、オーダーできるので、わざわざビジネスラウンジに行って、お料理を持ってきてる人はいなかったかな。

テラスには、本物の炎が灯されたテーブルが並んでいて、飛行機が飛び立っていく様子を眺めることができます。

 

テラス席でボーっと過ごすために、ビジネスラウンジに行くのはグッドアイデアだなって思います。

羽田に向けてファーストクラスで飛び立ちます

ファーストクラスは、食べすぎ注意ですね。

行きのフライトで懲りたので、帰りの飛行機の中ではコースではなくて、軽めの丼とフルーツとデザートだけにしました。

ラウンジでも、飛行機の中でも思わずいろいろ食べたくなるかもしれませんが、調子にのって食べすぎないようにね~

 

羽田からメキシコまでの様子は、こちら

 

あなたも、マイルをためてファーストクラスに無料で乗ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事