辿ったリンクは期限が切れています ワードプレスのエラー解決方法

DreamTravellerYOKOです。
世界31ヶ国を旅しながら、いろんな夢を叶えています。

いくつになってもチャレンジ精神さえあれば、どんなことでもできます。
子育てしてるママたちが、もっと自分のやりたいことをやれるように、思いっきり背中を押したいな
Let's enjoy travel !!!

ワードプレスでブログを作成している最中に、記事を公開しようとしたら、いきなりエラーが出て、アップできなくなってしまいました。

辿ったリンクは期限が切れています。

と、出てきて、解決するのに数日かかってしまいました。

私が試した方法と、最終的に解決した方法をシェアします。

プラグインをひとつずつ外してチェックする

ワードプレスでエラーになった時に、よく言われるのは、プラグインがなにかイタズラしているということ。

そこで、プラグインをひとつずつ外して、状態をチェックしていくと、どのプラグインがNGなのかがわかるのです。

ところが、プラグインを停止したり削除しようとしても、あいかわらず

辿ったリンクは期限が切れています。

と、出てきて、どうしようもできず・・・

プラグインをワードプレスで停止したり削除したりできない場合の対処法

調子の悪くなったワードプレスの画面ではなく
FTPソフトを使って、強制的にフォルダを削除する、という荒業を使いました。

フォルダを削除しなくても、フォルダの名前を変更してもプラグインの無効化ができます。

でも、効果なし

テーマを変更してみる

DIVERの親テーマの更新作業もエラーになってしまうので、もしかしたら、このテーマに問題があるのかもしれないと思って、テーマを変更してみようと思ったのですが

エラーになってしまい、テーマを変更することもできませんでした。

サーバーのPHP Verを変更してみる

私が使っているサーバーは、エックスサーバーです。

エックスサーバーのサイトで、PHP Verをチェックしてみたところ、ひとつ前のPHP7.1.28を使っていたので、最新のPHP7.2.17に変更してみました。

効果なし

エックスサーバーのphp.iniファイルの、4つの項目を変更する

アップする画像などの容量制限が小さいとアップできないことがあるので、php.ini設定の下記の部分を変更します。

max_execution_time = -1
memory_limit = -1
post_max_size = -1
upload_max_filesize = アップロードしたいファイルよりも大きなサイズを指定

これでも、効果なし

pluggable.php から「.$token」を削除したら解決しました

最後に解決したのは、これ!!

FTPソフトで、pluggable.phpをパソコンにダウンロードします。

このファイルが、どこにあるかというと、ここです。
/ドメイン名/public_html/wp-includes/pluggable.php

これをメモ機能のあるTeraPadで開きます。
直接htmlをいじっていくので、コピーをとっておくといいです。

function wp_verify_nonce()に2ヶ所にあるsubstr(wp_hash(・・・の行から、「.$token」を削除します

function wp_create_nonce()に1ヶ所あるsubstr(wp_hash(・・・の行から、「.$token」を削除します

「.$token」を削除して保存した pluggable.php をFTPソフトにアップします。

この作業を終えたら、無事エラー表示が出なくなりました。

 

ネットで検索しても、なかなか解決方法が見つからず、エックスサーバーやDIVERのサポートに問い合わせても解決しなかったので、いろいろな方法を試してみて、最終的に、その他のエラーが出ているときの解決方法を試してみたところ、記事のアップができるようになりました。

原因はわかりませんが、同じようなエラーで困ってる方、参考にしてくださいね。

 

ワードプレスを使うときは、エックスサーバーがオススメです。

今まで無料テーマを活用していましたが、有料のDIVERに変えたら、とっても使いやすくなりました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事